スタッフblog  妖の掟+不良

妖の掟+不良

本日は、本のご紹介です。誉田哲也 「妖の掟」

あやかしの掟と、読みます。

400年生きている闇神の紅鈴と200年生きている忻治。

人間社会で生きていく闇神。日中は出歩けない、日光に当たると弱っていく。

所謂、吸血鬼です。やくざに追われる、圭一を助け奇妙な同居生活が始まる。

人間と闇神の友情が生まれる。面白い作品でした。

もう一冊は、北野武「不良」

成り行きで、やくざの世界に入る、少年たちを描いた作品です。

主人公のキーちゃんは、実在した人物らしいです。

北野武・才能がありますね。何冊か読みましたが、バリエーションがたくさん。

通常の日常にはまだまだ戻れません。休日も外出ができず、イライラ。

感染予防は人ごみに行かない事。コンサートも配信で我慢・・・内田でした。