よくあるご質問:ガーデンルームについて

『アサヤマ』に寄せられる質問のうち特に頻繁にお伺いするものをまとめました。

シャッターや換気扇、室外機など障害物がある場合当社建築専門スタッフ現地確認の上最善の方法で対処させていただきます。

ガーデンルーム内でペットを飼いたいと希望される場合、床をタイル仕上げにしたり給排水設備を設けることでより一層の清潔な空間が築けます。また規格ではありませんが当社ではペットが出入りする扉の取り付けなど施工することが可能です。

建物内部より外側に電気配線を伸ばし防水型コンセントをガーデンルーム内に取り付けることも可能です。

残念ながらガーデンルーム自体では温室の役目は果たせません。昼間は暖房機がなくても太陽のおかげでぽかぽか暖かいのですが夜は暖房機がないと温度が下がってしまい、植木には辛い環境になってしまいます。

ガーデンルームのタイプにより気密性が違いますがどのタイプも花粉対策には一定の効果があると言われています。また空気清浄機を使用されるとより効果があるようにおもわれます。

ガーデンルームの床の仕上がり部屋の高さにあわせることも可能です。また規定寸法内で高さ調整可能です。

屋根材のポリカーボーネートは薄めた中性洗剤を使った水洗いできれいになりますが洗剤が残らないよう洗い流してください。なお有償にはなりますが当社ではガーデンルームの屋根の洗浄も承っていますのでお気軽にお問い合わせください。

現在のデッキが樹脂性または木製であっても現状では不可能です。ただしデッキを補強しなおせば可能性もあります。しかし新たなデッキで施工したほうが断然お得だと思います。

取り付けは可能ですが、取り付け方法やガーデンルームの形状などが変わる場合がありますので一度現場を確認させていただいた後の判断になるかと思います。

「建物に釘、ねじなど穴を開けると保証は出来ません」といわれるメーカー様もいらっしゃいますが当社では壁に穴を開けない方法での施工を行っていますのでご安心ください。

冬など内外の温度差と湿度によって発生する場合があります。その場合は速やかにお拭きとりください。

当社では施工時に外壁の形状なども考え最大限雨の進入を防ぐ努力はさせて頂きますが、ガーデンルーム内に雨が絶対に漏らないとは言い切れません。特に台風や豪雨などの場合、雨水が浸入する恐れがあります。

種類・タイプ・大きさによって変わります。まずはお気軽にご相談ください。

その表し方はまず間口サイズ(1.5間、2間・・)と表示します。次に奥行きサイズ(4尺、6尺、8尺・・)のように尺で表します。 間は約1.8m 尺は約30センチとお考えください。しかし実際は天井高などによっても大きさの感じ方は変わってきます。ぜひ当社ショールームで実物を体感してください。

防火・準防火地域(住宅地などはほとんど該当しません。)の指定のない敷地であれば10平方メートル(約6畳間)以内であればその必要はありません。

ガーデンルームのタイプや床の仕上げ方によって異なります。インナーデッキタイプですと最短で3日、デッキタイプで1週間から10日、床をタイル仕上げご希望の場合10日から2週間程度とお考えください。

アクリル材ですと10年程度ですが、現在多く採用されているポリカーボネート素材ですと約15年くらいとお考えください。また屋根材は単体の交換も可能です。

残念ですがメーカーの設定上2階以上の場所にガーデンルームを取り付けることは出来ません、しかし当社ではそれに変わる方法でベランダを囲む方法などの実績もありますのでお気軽にお問い合わせください。

耐積雪 20cm、50cm、100cmとありますので地域にあわせお選びください。しかし家の屋根から落雪で屋根が破損する場合があります。そのような恐れのある場合はご自宅屋根に雪止めをつける等の処置をして下さい。

そうですね、そもそもの表記が2間(約3.6m)×8尺(約2.4m)といってもピンときませんよね。(1間とは約1.8m 1尺は約30cm)。しかし実際の大きさは天井高などによっても違って感じます。人はそれぞれに大きさの感じ方が違うものだと思います。ぜひ当社ショールームで実物ガーデンルームにふれてその大きさを体感して下さい。

当社ではガーデンルームの設置に関して建築専門のスタッフが現場確認を行っております。取り付け希望の箇所にある障害物の撤去や移動などについては最善の方法で対処させていただきます。どうぞご安心ください。

屋根材はポリカーボネイトは薄めた中性洗剤と併用した水洗いできれいになりますが洗剤が残らないよう十分洗い流すようにしてください。なお有償にはなりますが当社ではガーデンルームの屋根の洗浄も承っています。お気軽にお問合せ下さい。

そうですね冬の昼間は暖房器具がいらないほど暖かいですが、真夏の昼間などは閉め切りの状態ですとガーデンルーム内の温度はかなり高くなってしまいます。パネルを開放して自然の風をとりいれるようにしましょう。また室内天井への内部日除けや屋根上に手動・電動の日よけ、カーテンの取付・網戸などガーデンルームはオプションも充実しています。
shade

建物の内部より外側に電気の配線を伸ばし防水型の外部コンセントをガーデンルーム内につけたりするこもできます。

残寝ながら専用の扉はありませんが、当社では壁付けのFIX部分に出入り専用の扉を取り付けた経験があります。お気軽にお問い合わせください。

床の仕様もいろいろありますが、タイルがお勧めです。汚れても水洗いができるのがいいですね、ガーデンルーム内に給・排水設備を設けるとより一層清潔な環境が保てるのではないでしょか。しかし何時もガーデンルームを閉め切った状態でペットを放置されることはおやめください。ペットの為にもガーデンルーム内が常に最適な環境になるよう心掛けてやって下さいね。

残念ですがガーデンルーム自体では温室の役目は果たせません。昼間は暖房機が無くても太陽の光でポカポカと暖かいのですが、夜は暖房機がないと温度は下がってしまい、植木には辛い環境になってしまいます。

ガーデンルームのタイプにより気密性も違いますが、どのタイプもまったく入らないということは言えませんが、花粉が付きにくくはなると思います。また、空気清浄機などを置くとなおいっそうの効果が期待できますね。

ガーデンルームの床の仕上がりを部屋の高さと同じになるようデッキの高さやタイルの高さを調整して施工していきますので可能です。

塞ぎません。型枠を組み換気口はタイルの横面に付けるように施工します。

防火・準防火地域(住宅地などはほとんど当てはまりません。)の指定のない敷地であれば10平方メートル(約6畳間 )以内であればその必要はありません。

現在のデッキが木製または樹脂製であっても現状では不可能です。樹脂製の場合、補強をし直すとお付けできる可能性もありますが、新たにデッキ仕様のガーデンルームにされた方が断然お得だと思います。

お部屋からの出入りはドアであっても大丈夫です。ご自宅の建物構造にもよりますが、そのドアを大きくすることや高窓を掃き出し窓にリフォームしてお付けすることもできます。お気軽にお問合せ下さい。
zima

取付けは可能ですが、取りつけ方法やガーデンルームの形状などが変わる場合がありますので一度現場を確認させて頂いた後の判断になるかと思います。

当社で移動させていただきます。しかし壁に穴をあけ直す必要がある場合があります。その場合、既存の穴は専用キャップで塞がさせていただきます。

当社では建物に固定しないでガーデンルームを取り付ける工法を採用しています。よって壁に穴をあけたりビスを打ったりすることがないのでメーカーさんの保証も大丈夫です。お気軽にご相談下さい。

残念ですが、メーカー設定上2階以上に取付ることはできません。しかし当社では別の方法でベランダを囲うことは可能です。お気軽にお問い合わせください。
terrace

室内に入ることはございません、どうぞ施錠されて安心してお出かけください。

保証書の発行はありませんが、ガーデンルームの品質保証はメーカーで行っています。また施工上の保証は『アサヤマ』が10年間の保証書を発行させて頂いております。さらに『アサヤマ』では3・6ヶ月・1・2・3年とアフターサービスでご自宅まで点検にお伺いさせて頂いておりますのでどうぞご安心下さい。

耐積雪 20・50・100cmとありますので地域にあわせてお選びください。しかし家の屋根から雪が滑りガーデンルームの屋根に落ちますと、破損の恐れがありますので屋根には雪止めを付ける等の処置をしてください。

当社では施工時に外壁の形状なども考え最大限、雨の侵入を防ぐ努力はさせていただきますが、ガーデンルーム内に雨が絶対に漏らないとは言えません。特に台風や豪雨などの場合、雨水が浸入する恐れがあります。

床の仕上げ方によって異なります。インナーデッキタイプですと最短で3日、デッキタイプで5日~7日間くらい、タイルタイプで10日間くらいとお考えください。

ココマⅡで出幅1.2M×間口1.8Mというものがありますがいかがでしょう。その他サイズもいろいろありますのでお気軽にお問合せ下さい。
cocoma

デッキ自体の合わせ目には隙間がありますが、ガーデンルームの室内になる場合は目地塞ぎ材を使用し隙間を埋めますので、風が下から入るということはほとんどありません。
meji

アクリル材ですと10年程度ですが、現在採用しているポリカーボネート素材ですと、だいたい15年ぐらいとお考えください。また破損した場合などは屋根材単体での交換も可能です。  

床の仕上げ方法はいろいろとあります。タイルやデッキの他に自然石仕上げ・フローリングや畳などあなたのライフスタイルに合わせた床仕上げが可能です。『アサヤマ』のショールームではいろいろな床の仕上げ方法が見られますよ。