よくあるご質問:ガーデンルームの使い方について

『アサヤマ』に寄せられる質問のうち特に頻繁にお伺いするものをまとめました。

ガーデンルーム内でペットを飼いたいと希望される場合、床をタイル仕上げにしたり給排水設備を設けることでより一層の清潔な空間が築けます。また規格ではありませんが当社ではペットが出入りする扉の取り付けなど施工することが可能です。

残念ながらガーデンルーム自体では温室の役目は果たせません。昼間は暖房機がなくても太陽のおかげでぽかぽか暖かいのですが夜は暖房機がないと温度が下がってしまい、植木には辛い環境になってしまいます。

ガーデンルームのタイプにより気密性が違いますがどのタイプも花粉対策には一定の効果があると言われています。また空気清浄機を使用されるとより効果があるようにおもわれます。

そうですね冬の昼間は暖房器具がいらないほど暖かいですが、真夏の昼間などは閉め切りの状態ですとガーデンルーム内の温度はかなり高くなってしまいます。パネルを開放して自然の風をとりいれるようにしましょう。また室内天井への内部日除けや屋根上に手動・電動の日よけ、カーテンの取付・網戸などガーデンルームはオプションも充実しています。
shade

建物の内部より外側に電気の配線を伸ばし防水型の外部コンセントをガーデンルーム内につけたりするこもできます。

残寝ながら専用の扉はありませんが、当社では壁付けのFIX部分に出入り専用の扉を取り付けた経験があります。お気軽にお問い合わせください。

床の仕様もいろいろありますが、タイルがお勧めです。汚れても水洗いができるのがいいですね、ガーデンルーム内に給・排水設備を設けるとより一層清潔な環境が保てるのではないでしょか。しかし何時もガーデンルームを閉め切った状態でペットを放置されることはおやめください。ペットの為にもガーデンルーム内が常に最適な環境になるよう心掛けてやって下さいね。

残念ですがガーデンルーム自体では温室の役目は果たせません。昼間は暖房機が無くても太陽の光でポカポカと暖かいのですが、夜は暖房機がないと温度は下がってしまい、植木には辛い環境になってしまいます。

ガーデンルームのタイプにより気密性も違いますが、どのタイプもまったく入らないということは言えませんが、花粉が付きにくくはなると思います。また、空気清浄機などを置くとなおいっそうの効果が期待できますね。