失敗事例アサヤマならこうする

外構計画、打ち合わせ、施工の失敗事例とその対策をご紹介します

早めに打ち合わせをしなかった為の失敗事例

小山市 A様

外構工事と言われてもピンとこなかったので、担当の人に言われるまま、住宅ローンを二千百万円で組み、そのうち外構予算は八十万円でした。建物完成後その予算ではステキな外構工事プランは作れないと気づきました。

追加できる予算もありませんでしたので外構工事は2年ほど我慢してから、実家の力を借りて完成しました。
最初の段階から図面や見積りを見て決めればよかったと思いました。

宇都宮市 K様

雑誌を見て気に入ったデザインがあったのでそれに似せたアプローチをお願いしましたが、工事途中でアプローチの真ん中に排水枡がくると言われました。

排水枡の位置は当初から図面に記入されているので動かすとなると費用が発生すると言われ、仕方なく追加費用を支払いましたが、今でも何となく納得がいきません。

宇都宮市 M様

打ち合わせを進めていくにしたがってシステムキッチンのグレードアップや照明の変更で追加金額が発生するたびに「この位なら外構の予算に余裕がありますから・・・」という言葉に安心して家の工事を進めました。でも最後に残った金額では思ったとおりの外構工事ができませんでした。

外構工事の図面と見積りがあったらどちらを我慢するか比べられたのにと後悔しました。

真岡市 S様

家の配置計画の際、担当設計さんに確認しながら駐車場の位置も決めました。外構プランの打合せを始めたら計画している駐車場の位置では道路と敷地に高低差がある為、土留めを作らないといけないと判明、その追加費用が余計に発生してしまいました。

敷地はせまくなかったので、最初からその位置なら土留め(余分に費用が掛かる)がいると言ってもらた建物の位置を変えたのに、今ではその位置しか駐車場スペースとして取れなかったので仕方なく追加費用を払って土留めの工事を行いました。

鹿沼市O様

駐車場だけはハウスメーカーで行う約束で家を建てました。駐車場工事の際「良い土なので掘った土は庭にでも使ったらどうですか」と言われ素直に了承しました。しかし庭工事に土は使わず結果大量の土を後日運び出してもらい処分してもらことになりました。

ハウスメーカーの駐車場工事の見積に土の処分費という項目あったので工事の際に処分してもらっておけばよかったと後で後悔しました。悔しいですが2重払いになってしまいました。

真岡市 Y様

新築予算の中には大まかな話の中で決めた外構工事の分もふくまれていましたが、図面などで具体的な打合せはしていませんでした。外構の打ち合わせに入って準備していた予算の工事プランを見てびっくりしました。機能面では条件を満たしているプランですが、予算のわりには仕様の内容に満足できませんでした。

仕方なくその仕様で工事をしましたが、住宅の営業の人は、本当は外構工事のことを何もわかってないのだとがっかりしてしまいました。

上三川町 K様

外の門柱にインターホンと玄関のスイッチと連動のガーデンライトを付けたかったのですが、いざ外構の打ち合わせに入ったら、今からそうすると追加の電気工事が発生してしまうといわれてしまいました。

結局インターホンは追加費用を払って行いましたが、ガーデンライトはあきらめました。営業の人に「最初から言っていただければ」と言われ、あきれるやら、腹がたつやら、聞かなかったのどっちヨという感じです。

宇都宮市 K様

当初、駐車場を横に車3台分のスペースを予定していました。外構工事の際、駐車場スペースは確保できるのですが、希望の3台用のカーポートを設置しようとしたら柱は玄関前に、屋根は玄関庇にあたり、つけたいタイプのカーポートをつけられませんでした。

車が好きなのでどうしてもカーポートは欲しいと思っていたので仕方なく2台分のカーポートと1台分を縦につなげた、少し変わった形の駐車場になってしまった。