おススメ  豪雨・大雨から財産を守る外構の「浸水対策」     

豪雨や台風などの大雨による浸水から大切な自宅を守る外構工事のご提案

過去50年に一度の豪雨や過去に経験したこのない台風の大雨など、最近は異常気象の影響で毎年のように降る大雨。昨年は河川も各地で川の氾濫や浸水により個人の住宅や商店にも甚大な被害を及ぼしました。そこで外構工事で大雨による水の浸水を少しでも軽減できる方法をご紹介します。

それはまず敷地をアプローチの入り口や駐車場の入り口以外を除きブロックやコンクリートの塀で囲む(高さ50㎝程度)。それにより万が一の場合、土のうを積むことである程度の水の浸水は抑えられます。さらに今回私たちがお勧めするのが鈴木シャッター製造の簡易止水版アピアガードです。こちらは万一の際もわずか数分程度で設置でき、その止水効果は実に土どうの100倍程度あります!このことにより大切なご自宅をある程度(床下浸水)の浸水から守ることが出来ます。(一度床下浸水を経験すると、住宅の基礎部分を再点検し、シロアリの発生やボルト・ビス類のサビによる劣化、湿気によるカビの発生などを抑える処置が必要になります。しかし、床上浸水以上が想定される大雨等の場合はまず身を守る上でも非難をすることが最優先とお考え下さい。

動画でご紹介

参考価格

門まわり入り口

門まわり入り口

施工費込:289,000円~(税別)
ガレージ入り口

ガレージ入り口

施工費込:490,000円~(税別)

正式お見積もりは、お打ち合わせ・現地確認後お出しさせていただきます(無料)