スタッフblog  エクステリア  5月場所

5月場所

みなさんこんばんは。5月に入りました。

5月と言ったら大相撲です。5月場所はもうすぐはじまります。ということで本日は相撲風にブログをお届けしたいと思います。

わたくし、4月に朝山部屋に入門致しました新弟子の中島と申します。朝山親方をはじめとする兄弟子のみなさんにお世話になりまして稽古に励む毎日です。

ということで本日は相撲の話、主に稀勢の里の話をさせてください。

稀勢の里ってものすごく強いんです。日本人力士で優勝するなら彼しかいないと言われていて横綱候補に挙げられていて更に北の湖理事長や故・大鵬関から大いに期待されていたんですが何故かあと一歩というところでいつも優勝から遠のいてしまって、ヘタレな力士とか空気が読めないとか言われてしまう彼。

横綱白鵬に勝って平幕で取りこぼしたり、星2つの差をつけて優勝戦線独走していたと思えば後半平幕にぼろ負けしたりとどうしてか負けてしまう。

稀勢の里は練習の虫といわれるほど稽古を積んでいるのになぜ平幕に負けるのかというと出稽古に行かないからと相撲ファンの間などでは言われています。確かに北の湖勝昭さんがいくら煽っても一向に出げいこに行かなかったんです。何故かというと部屋の伝統というか先代の鳴門親方が情が移るからという理由で出げいこを禁じていたからなんです。

 

いくら同じ相手と練習したからといって強くなるわけではないのですね。仕事も同じだと思います。いつも同じやり方では何の進歩も得られないです。自分で考えて良い方向にいくようにしないと何の成果も得られませんよね。

そしてうれしいことに鳴門部屋がついに出げいこを解禁したのです。

これは稀勢の里、今年中に優勝するかもしれません。大いに期待したいです。

 

中島でした。