安心して依頼できる外構工事業者選びのためのチェックリスト

安心して依頼できる外構工事業者選びのためのチェックリスト

住宅の建物と共にあなたの快適生活を支える外構工事
何よりも安心して選べるお店を選びましょう

見積り・図面作成は無料である。
お店によっては図面作成に費用が発生する場合があります。
よりお客様の外構イメージが湧きやすいパース図での打合せをしてくれる。
手書ラフ図の説明のみで工事まで進めるお店もあります。
無料の1年・2年点検といった定期的なアフター点検を行っているか。
定期点検は異常や不備のある箇所の早期発見につながり安心です。
最低5年以上の工事保証をしてくれるか。
施工不備によるブロックの倒壊など重大な瑕疵は無期限な保証です。
保証書は発行してくれるか。
口約束ではなく書面でいただくことが大切です。
工事保険には加入しているか。
工事中の事故や損害を補償してくれるか?工事完成後の施工不備による損害への保険に加入していると安心です。
安全な工事のための外構工事作業標準書を常備している。
予算や現場状況ごとに重要な基礎の形状やコンクリートの厚みが変わるのは避けたいものです。
当然のこととして県や国の建設業の許可は持っている。
軽微な工事では建設業の許可はいりませんが、不安です。
見積りや図面の提出前には必ず現場測量・現状確認をしてくれる。
正確な図面・見積りには必ず現場実測が必要です。
他社・他店が作成した図面では工事は行わない。
プランナーの意図した部分が工事に反映され難く、工事に際し問題発生が非常に多い。
見積りは工事項目別に細かく数量の記入がされている。
数量欄に「一式」が多いと数量違いの可能性があり、あとで追加金を請求される場合があります。
国家資格を持った社員が工事を管理してくれる。
経験と土木建築を学んだ国家資格を持った管理者がいると安心して施工を任せられます。
自社の工事施工例や工事写真を見せてくれる。
お客様からの声や施工写真集などを多数持っているお店を安心ができます。

チェックリスト印刷はこちらから