失敗事例アサヤマならこうする

外構計画、打ち合わせ、施工の失敗事例とその対策をご紹介します

実際の外構工事に際して

境界杭

p1340908境界工事を依頼させる場合、業者に任せきりではなく必ず事前に境界の杭の確認をして立ち会うようにいたしましょう。業者によっては境界杭をだいたい元あった場所に戻せば良いよと杭を平気で抜いて作業する業者がいます。が後からお隣やご近所からクレームが出た場合、測量士を頼んで関係者立会いの下で再確認するというわずらわしい事態になってしまいます。またその場合境界が少しでも出ているとやり直しと言うことになってしまいます。

アサヤマでは境界杭が明らかでない場合には工事着工はいたしません。

塗り壁

img_0122塗り壁仕上げの場合下地のブロック等がぬれている場合また塗り壁施工後においても下地ブロックがぬれる恐れがあると膨れや剥がれの原因になってしまいます。特に塗り壁仕上げの上にフェンスを取り付けたりする場合は雨水が浸透して塗り壁材の膨れや剥離が怒りやすいので注意が必要です。
アサヤマではフェンスの柱部分から雨水が浸入しにくいようにシーリング処理をします。

駐車場工事

img_1826コンクリート等セメント系の材料を使用して工事を施工するとどうしても細かなヒビ(ヘアークラック)が入る場合があります。これはコンクリート自体の膨張や収縮による為でやむを得ないこととご承知おきください。
アサヤマの場合事前にご説明申し上げ、写真と共にこの場合は補修、この場合はやり直し等のお話をさせていただきます。

コンクリートの跳ね(コンクリート基礎)

駐車場のコンクリートを打つ際は案外気を使うものです。それはコンクリートが跳ねて建物やカーポートなどに付着することがあるからです。しっかりとした施工業者は出せつ前に飛散しても大丈夫のように養生をしたり、打設後は飛散したと思われる箇所などはすぐにふき取ったりしてくれますが、そうでない場合はコンクリートが乾いた後などでは傷ついてしまったり跡が残ったりしてしまうので気をつけたいものです。またお隣の車や建物がすぐそばにある場合などは特に気をつけなければいけません。打設の際は一言かけて車の移動をお願いするか、ビニールで養生をさせていただくなど、最新の注意を払いたいものです。

アサヤマでは建物への跳ねが予想される部分にはビニール等で養生をさせていただきます。また万一はねが発生した場合はすぐに水拭き等で迅速に対処いたします。

外部コンセント+漏電ブレーカー付きソケット

漏電ブレーカー付きソケット外構工事業者ではお客様のご自宅の外部コンセントを使わさせて頂くことが多いと思います。しかし気をつけなければいけないことがあります。それは工事に使用する機器の不良でご家庭の電源が全て落ちてしまうことです。お客様がご在宅の際はご事情を説明してすぐに復旧することが可能ですが、ご不在の場合冷蔵庫の電源が落ちたままや温度管理をしてるものなど大変なことになってしまいます。

アサヤマでは外部コンセントに直接機器の線を繋ぐのではなく、必ず漏電ブレーカー付きのソケットを介してコンセントに接続するようにしていますのでそのような心配はありません。